誰でも知っているタロットカード占いとは

占いにはたくさんの種類がありますが、誰もが知っている、最も有名なものいえば「タロットカード」があります。タロットカードを使った占いには、実は数多くの方法があります。一般的なものとしては、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使う方法があります。よく聞く「塔」「愚者」「世界」などのカードは、この大アルカナです。また、大アルカナに小アルカナと呼ばれる56枚のカードも合わせ、計78枚のカードを使う占いもあります。少々珍しい方法としては、小アルカナのみを使う占いもあります。使うカードが決まったら、カードをよく切り裏向きにして並べます。これをスプレッドと言いますが、スプレッドの種類はとても多く、ここがタロットカードを使う上でのポイントになります。スプレッドを組んだらカードをめくりますが、出てきたカードとその向きによって意味を洗い出す、という部分では、だいたいどのタロットカード占いも一致しています。スプレッドには意味があり、その配列とめくったカードの解釈から様々な占いの方法が産まれています。とはいえ単純にめくったカードを見ておみくじのように結果を出してもよく、誰でも簡単に扱えるという部分でも、タロットカードは優れています。ちなみに、いくら占いが便利だからと言って、財布をなくした時などに占いを頼っていても見つかりませんので、そういった場合はキャッシングを利用して当面の生活費を確保したり、警察への届け出など現実的な対応が重要になってきます。

 

日本の占いといえばおみくじ

日本を代表する占いといえば、「おみくじ」があります。お正月の定番ですが、日本人はみんな大好きですよね。このおみくじ、「御神籤」と書くぐらいで、古代においては国の祭政に関しての重要な事項、あるいは有力者の後継を選ぶ際、神の意志を占うために行なったとされています。現在多くの神社仏閣でみられるおみくじの原型は、元三慈恵大師良源上人が創始したものとされ、時は平安時代に遡るとされています。参詣者が個人の吉凶を占うようになったのは鎌倉時代以降です。おみくじに関する有名なエピソードとしては、かの本能寺の変の際、明智光秀が三回おみくじを引いて、最初の2回は凶、3回目でようやく吉が出たので蜂起を決意した、という伝説があります。占いとしてはシンプルですが、広げた紙片には旅行や探し物に関する吉凶まで書かれていますから、なかなか役立つ場面は広いと言えるでしょう。おみくじといえば、結果が出たら神社の境内にある木に結びつけるのが慣わしのようになっていますが、これは実は「決まり」ではありません。むしろそのまま持ち帰って財布の中などに入れておき、何か行動を起こす際などに内容を見返し、決意を新たにする、などの使い方でもよいとされています。